1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫日本と海外のダイエットサプリの効果に違いはある?

日本と海外のダイエットサプリの効果に違いはある?

Pocket

ダイエットサプリの効果について調べていると、

  • 「海外のダイエットサプリですごい痩せた!」
  • 「絶対痩せる海外のダイエットサプリ!」

など、海外のサプリについて調べると効果についてのコメントを多く目にします。

様々なダイエット方法、または国内のダイエットサプリをあれこれ試しても思うような効果がみられない場合、ついこの甘い言葉に乗ってしまいそうになります。

海外のダイエットサプリはたしかに効果が高そうですが、購入前にはこんな懸念や心配が頭をよぎります。

  • 海外のダイエットサプリってそんなに効果があるの?
  • 安全性は大丈夫?
  • 副作用はないの?

効果が高いということは、反対にそれだけ強い薬のイメージで、安全性や副作用が非常にきになってしまいますよね。
せっかくやせても、健康を害してしまうと、まったく意味がありません。

海外のダイエットサプリは、厚生労働省や消費者庁による安全性の承認がされていない医薬品成分が使用されている製品があり、そういった海外のダイエットサプリには注意が必要です。
今回は、海外のダイエットサプリについて効果や安全性などひとつひとつ見ていきましょう。

日本と海外のダイエットサプリはどちらが痩せる?

そもそもですが、ダイエットサプリって本当に痩せるのでしょうか。
ダイエットサプリの効果について、徹底的にまずは解説していきたいと思います。

ダイエットサプリって効果あるの?本当に痩せる?

いきなり残念な話をして夢を壊してしまうかもしれませんが、食事制限を全くせず、運動も全然しないで、ただダイエットサプリだけを飲んで痩せられるということは、実はありません。
「ダイエットサプリ」という名前から勘違いされることも多いようですが、飲むだけでダイエットができるサプリではないんです。

じゃあ、どういうサプリなのかというと、ダイエットサプリはあくまでダイエットのサポートをする役割をしてくれるサプリなのです。
ダイエットサプリを飲むだけではなく、適度な運動や食事のバランスを考えることも大切なんです。

ダイエットサプリで高い効果を得るためには、適度な運動と食事のバランスも見直しながら、太ってしまった原因によって、それぞれ目的に合ったダイエットサプリを選ぶことが大切です。

  • 新陳代謝の改善や体脂肪を減らす働きがある燃焼系のサプリ
  • 糖質や脂質が脂肪になるのを防いでくれるカロリーカット系サプリ
  • 腸内環境を整えてくれるデトックス系サプリ
  • 食欲を抑える効果のあるサプリ
  • バランスのとれた栄養補給をサポートするサプリ

など、それぞれの目的に沿ったサプリにサポートしてもらうといいでしょう。

海外のダイエットサプリの特徴と効果

欧米人は東洋人よりその食生活の環境からも太りやすいと思われます。
そのせいもあり、アメリカではダイエットサプリが数多く存在し、北米では7割もの人がサプリメントを利用してるため、その市場も活発になっています。

海外のサプリの特徴として

  • 種類が多い
  • 価格が安い
  • 効果が高い

ということが言えます。

サプリメント市場が大きいからこそ、こぞって企業が競争し、より多くの種類のサプリメントがより安い価格で販売されるわけです。

また、海外製のダイエットサプリは高い効果が見られる、という印象があります。
実際、口コミなどで投稿されているコメントを見ても、多少の食事量の調整と海外ダイエットサプリだけで、1ヶ月半で10kgマイナス、など、短期間でわかりやすい効果を感じているコメントが数多くみられます。
海外のサプリメントは、有効成分の含有量が日本のサプリメントとは大きく異なります。
アメリカでは医療費が高額で、政府の補助により比較的安価で治療を受けられる日本とは大きく異なります。
そうなると、アメリカ人は病気になる前の予防により意識が高く、結果重視、となるわけです。

そのため、アメリカのサプリメントの成分は日本の法律では認められず、薬として扱われる可能性もあるほどです。
日本のサプリメントが栄養補助や食品として扱われているのに対して、海外のサプリメントは食品と医薬品の間、という位置づけになります。
そのため、日本のサプリメントより効果を感じる可能性があるといえます。
但し、日本で販売が認められていない海外のでダイエットサプリを服用した際、食欲が減退し、多汗になり、動悸・息切れなどの副作用の症状を経験している人もいるようです。
中でも死に至るケースも見受けられます。

海外からの輸入サプリは厚生労働省や消費者庁による安全性のチェックを経てない製品も少なくありません。
海外のダイエットサプリで、その成分が日本の薬事法で違法となり厚生労働省から認可が下りていないものでも、個人輸入では購入できます。

但し、これまで日本の厚生労働省から無承認無許可の医薬品を使用し、健康被害が出ているケースがあります。
タイ製、中国製のダイエットサプリで肝機能障害や死亡例を含む健康被害事例が公表されているため、無許可の製品の服用はおすすめできません。

アメリカにもFDAが定めたcGMPという食品品質の認証基準があります。 cGMP(current good manufacturing practice)とは医薬品等の製造管理および品質管理に関する基準です。
海外のサプリメントを検討する際は、各国に定められた基準については確認する必要があります。

日本のダイエットサプリの特徴と効果

前提として、日本のサプリメントは医薬品ではなく、食品として取り扱われています。
食品となると口に入るものですので当然その安全性は厳しくチェックされます。

日本で販売されているダイエットサプリは、海外の元比較すると、

  • 安全・安心
  • 海外のダイエットサプリより比較的高価
  • 緩やかなダイエットサポート

ということが言えます。

西洋人と日本人では、使用成分や薬事法という面だけでなく、身体的な違いや体質の違いもあります。
日本は島国ということあり、他国と遺伝的に混じりあう機会も少なかったため、その独自の文化や生活を経て日本人特有の体質をもっているとも言われています。
体質が違えば、アメリカでは絶大な効果がみられる製品でも、日本人に必ず効果がある、または適切、とは言えません。

日本のサプリメントであれば日本人に向けた製品として製造されていることが前提です。
日本で販売されるサプリメントは、GMP(Good Manufacturing Practice)の基準を満たしている必要があります。
GMPとは、製造業者(外国製造業者含む)および製造販売業者に求められる適性な製造管理・品質管理基準のことです。
これは一つの安心なポイントにはなります。

また、その厳しい基準に見合う成分、原料を使用するとなると比較的価格も割高になる、ということが言えます。

トクホ(特定保健用食品)や機能性表示食品はその品質の高さや成分から、割高感は否めないでしょう。
トクホは健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められた食品に限って表示が可能になります。
その有効性と安全性を審査して消費者庁から許可がおりた商品です。

海外のダイエットサプリの一部は日本の法律だと医薬品、というカテゴリに入るほどアグレッシブな商品が並びますが、日本の法律で取り扱えるサプリの成分は海外のそれと比較すると緩やかと言えます。
だからといって効果がない、ということではなく、なぜ太ってしまったのか、太る原因を把握して、その問題を解決するサポートをしてくれるサプリを選ぶことが大切です。

ダイエットサプリの安全性

ダイエットサプリって飲むだけで痩せると聞くと、何か体に負荷をかけているのでは?そもそも飲むだけで痩せるなんて安全なの?という疑問がわいてきます。

ダイエットサプリ摂取の安全性や副作用などについて色々調べてみました。

ダイエットサプリって安全?副作用は?

ダイエットサプリは飲むだけでは痩せないので、劇的な薬品が入っているということではなく、太ってしまった原因によって、サポートする役割になります。
海外のものは法律が異なるため、使用してる成分やその量も日本のそれとは異なるため、日本では許可の下りない成分を使用している可能性があります。

日本のサプリがすべてが安全とは言えませんが、前提として日本人向けに製造されていること、また、GMP認定や機能性表示食認定のサプリを選ぶと安全です。
このあとそれぞれを詳しく説明していきます。

いずれにせよ、購入を検討しているダイエットサプリはどんな成分が入っているのか、またその働きについて事前に確認しておくことをおすすめします。

日本で認可のない、海外で販売されいているサプリは個人輸入などで手に入りますが、日本の法律では認可できない成分が入っているため、副作用の可能性も考えられます。
添加物においても、アメリカでは認可されている物質が日本では認められていない場合もあります。

海外のダイエットサプリを服用して感じた副作用の症状として、口コミでよく見かけるものは、下痢、めまい、吐き気、発汗過多、心拍数増加、体温上昇、血圧上昇などがあります。
中国製、タイ製のダイエットサプリでは肝機能障害から死亡にいたるまでのものも発生しました。
外国のダイエットサプリを日本の企業が正規輸入している場合、その商品の成分が日本の規格と照会して日本で販売しても良いと許可をうけた商品ものだけ販売されます。
そのため、もしそのダイエットサプリを服用して何か問題が起こった場合、その輸入販売業者が責任を取ることになります。
一方、個人輸入をしてダイエットサプリを入手した場合、サプリの服用で何か問題が起きたとしても、すべて自己責任となります。

また、日本の国内メーカーが製造・販売し、安全な基準をクリアしているサプリメントでも、副作用を起こさないために、指定の飲み方や量を守って服用する必要があります。

海外のダイエットサプリの安全性と副作用

個人輸入などで購入することが可能な海外のダイエットサプリは、日本の法律で安全と定められている基準での認可がおりていないため、安全の基準は日本の製品とは異なります。
そのため、日本で承認されていない医薬品成分が使用されているケースも多あるため、その際の海外ダイエットサプリの服用に伴う副作用や服用によって発生した問題については自己責任となることを認識しておく必要があります。
実際、タイ製のものや、中国製のダイエットサプリを服用し日本での死亡例も出ているため日本で認可のない海外ダイエットサプリを服用するにあたっては十分な注意が必要です。 海外のサプリで副作用の危険性のある成分をまとめました。

副作用の危険性を含む成分

エフェドリン
エフェドリンは、アメリカで販売されたエフェドラに代表されるダイエット薬にも含まれています。 このエフェドリンは中国やモンゴルに自生するマオウ科の植物の属名で、マオウ(麻黄)という植物の成分からできており、アメリカではサプリメントとして販売されています。 エフェドラは、日本ではいわゆる健康食品に使用することが禁止されていますが、現状では、ホームページやカタログなどで個人輸入対象品として広告されている例があります。

副作用として、食欲不振、不眠、血圧上昇、体温上昇などが挙げられていて、実際、心臓発作、脳卒中、けいれん発作、死亡などの有害事象が数多く報告されているため、FDA(アメリカ食品医薬品局)も販売に対する勧告を行っています。

シブトラミン
シブトラミンは、1997年に肥満抑制薬としてアメリカFDAの許可を受けたものの、日本で未だ承認されていません。
副作用として血圧上昇および心拍数増加などが報告され、心臓病の方は服用を避けたほうがよいとされていて、アメリカ国内では死亡事例も報告されています。

また、心血管疾患歴のある患者では心血管疾患再発リスクが高くなるという欧州での試験結果を受け、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでメーカーによる任意回収がされました。
その他、副作用として頭痛、催眠障害、依存性なども考えられます。

ジアゼパム
ジアゼパムは抗不安薬、抗けいれん薬、催眠鎮静薬として用いられることが主ですが、ダイエットサプリにも含まれることがあるようです。

副作用は眠気、ふらつき、頭痛、血圧低下、嘔吐、食欲不振などが挙げられます。

カヴァ、カバ、カバカバ
カヴァはコショウ科の低木で、南太平洋のメラネシアからポリネシアにまたがるフィジー、トンガ、サモアなどの地域で飲用される嗜好品です。

カバの服用には肝臓に対して副作用がるという報告を受け、欧米の一部の国や日本ではカヴァのサプリメントでの販売が禁止されています。

メリロート
メリロートは牧草や緑肥として使われるマメ科の植物で、ヨーロッパでは、医薬品と して使用されるハーブの一つです。
メリロートエキスは、むくみやセルライト対策などをうたったダイエット食品に使用されています。

副作用としては頭痛や肝障害などが挙げられます。

但し、海外のサプリメントのすべてが危険というわけではありません。
たとえばアメリカで販売されるサプリメントは原則、厳しい基準を経たものしか国内販売できない、とされています。

cGMP(current Good Manufacturing Practice)は、アメリカの政府機関である食品医薬品局(FDA – Food and Drug Administration)が定めた、食品品質の基準です。
cGMPは食品、医薬品の安全を管理するガイドラインを設けていて、入荷するすべての原料について、規格に適合しているかどうかの試験または検査が義務づけられています。

つまり、アメリカ国内に流通できるサプリメントはcGMPの資格を得た工場で生産され、さらに製品の安全性についての保証も義務づけられています。

但し、海外のサプリは食品の域を超えて、食品と医薬品の間、ということ、また、日本人と西洋人では身体的な違いがあるということをしっかり理解して検討しましょう。
また、厚生労働省や消費者庁による安全性のチェックを経てない商品を個人輸入するとなると、死亡にも至る重度な副作用を引き起こす商品もあるため注意が必要です。

日本のダイエットサプリの安全性と副作用

日本では医薬品製造業を対象に商品の品質が一定に保たれるように定められたGMP(Good Manufacturing Practice)という基準があります。

原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が安全に作られ、一定の品質が保たれるように定められた製造工程管理基準です。
つまり、製造や品質管理についての基準、ということです。

但し、GMPがあるから市場に出回っているすべてのサプリメントが安全で安心か、というとそうとは言えません。
なぜなら、日本ではこのGMPは医薬品の製造では製薬メーカーに義務として課せられていますが、サプリメントメーカーは義務ではないため、自主的にGMPの採用をしている企業とそうでない企業が存在するということになるからです。

となると、どのサプリメントがより品質が良く、安心か、消費者側も理解しておく必要があります。

次にサプリメントの選び方をお伝えしていきます。

安全なダイエットサプリの選び方

ダイエットサプリを選ぶとき、すぐに効果が出る商品を試したい、と思う人は多いでしょう。
但し、効果が高ければ高いほどその成分も強いものが含まれている可能性があります。
ダイエットサプリはあくまで普段の生活習慣、食生活の補助の役割であって薬ではないので、そこを念頭に選ぶことが大切です。 サプリメントを飲む人の体質、食生活や生活習慣などによってダイエットサプリの効果はそれぞれに異なってきます。

また、有名人が推薦しているからと言って必ずしもよいものとは限りません。
あくまで広告だということを認識し、自分の目でしっかり判断する必要があります。
よくある、「これだけ飲めば痩せる!」「〇〇日間でマイナス〇〇kg!」といった過激な宣伝やキャッチコピーをうたう商品は注意が必要です。
海外のサプリは食品と医薬品の中間ですが、日本のサプリは食品なので、薬ではない、ということを忘れずに。

さて、ではどのようにサプリメントを選べばよいか見ていきましょう。

<副作用の可能性のある成分を確認する>

商品の箱やラベルに記された成分を確認しましょう。
先に書いた海外のダイエットサプリで副作用の危険性を含む成分に加え、厚生労働省からも注意喚起のある肥満抑制の健康食品について違法に添加された医薬品成分も含まれていないか確認するといいでしょう。

違法に添加された医薬品成分

シブトラミン、N-ニトロソフェンフルラミン、甲状腺粉末、エフェドリン、センナの小葉、ヒドロクロロチアジド、フロセミド、フェノバビタール、マジンドール、フェノールフタレイン、ヨヒンビン、ブメタニド

このような情報は日々変わりますので、ダイエットサプリを購入する際は厚生労働省や第三者機関からの発信情報に気を配っておくとよいでしょう。

<成分名を確認する>

原材料表示に「○○抽出物」「○○エキス」「○○菌」「○○粉末」などの表示は、それぞれの原材料に含まれる具体的な物質名が不明な場合があります。
どれくらいの量の原料か、どのような抽出方法なのか、何を抽出したのか、など、よく分からないというケースが見受けられます。
そのような商品は何が入っているのかよくわからないため、有効とも安全ともいえないのです。

<含有量を確認する>

サプリメントの量は有効性や安全性に大きく影響します。
その商品にどれくらいの量が含まれているのかが分からなければ、その安全性や体への影響が見えません。
また、量が表示されていないということは、メーカーの品質管理がきちんとできていない可能性があり、成分名表示がされていても、その成分が検出されなかった、つまりその成分が含まれていなかったという報告もあるようです。
量の表示がない商品は、有効性も安全性も不確かな可能性があります。

<商品の問合せ先の確認をする>

製造者・販売者・輸入者についての表示は、食品衛生法で決められています。
商品の成分や含有量など不明なことがあった場合の質問や、商品利用後に何か不都合なことがあった場合、カスタマーセンターやメーカー側の問い合わせ先が表示されているか確認しましょう。

<アレルギー成分が含まれていないか確認する>

医師から処方される薬の場合は、事前にこれまでのアレルギーの経験を確認され、体質に合った薬を処方してもらえますが、サプリメントは自己判断で購入するものなので、アレルギー反応についても自己判断となります。

天然成分だからといってアレルギーを起こさないとも限らないので、事前にどのような成分が含まれているか、アレルギーの対象成分が含まれていないかは自分でチェックする必要があります。

<第三者機関からの認可>

国の一定の基準を満たした商品という証拠として、以下のようなマークが商品のパッケージに表示されているものは安心して利用できるでしょう。

日本のGMPはサプリメントメーカーが採用するかどうかは義務ではないため、自主的な取り組みとなります。
義務ではないのにわざわざ取り組むということは、その製造過程、技術、商品の品質に自信があるといえます。
また、消費者に対しても、国の基準を満たした商品を届けたいという誠意も伝わります。

GMP(適正製造規範)


GMP(適正製造規範)
GMPマークは製品に品質と一定の安全性が確保されていることを示すものです。
GMP認定は製造管理、品質管理、構造設備など、健康食品の原材料の受け入れから最終製品の出荷に至る 全工程において、定められた管理水準と管理手法が具体的かつ適切に運用されていることを保証しています。

認定健康食品(JHFA)


認定健康食品(JHFA)
財団法人日本健康・栄養食品協会が健康補助食品について認定し認可しているマークです。
JHFAマークは「JAPAN HEALTH FOOD AUTHORIZATION」の略称で、日本国内で健康食品の承認を受けているという意味になります。

また、保健機能食品をご存知でしょうか。 保健機能食品とは、機能性、つまり生体の生理機能を調整する働きの表示ができる食品のことです。
①特定保健用食品、②栄養機能食品、③機能性表示食品で構成されています。

保健機能食品


保健機能食品
保健機能食品には栄養機能食品、特定保健用食品、機能性表示食品の3種類があります。
国が定めた安全性や有効性に関する基準などに従って食品の機能が表示されている食品です。
医薬品とは異なり、疾病の治療や予防のために摂取するものではありません。

①特定保健用食品
科学的根拠に基づいた機能を表示した食品で、表示されている効果や安全性については国が審査を行っており、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

特定の保健の目的が期待できる、つまり、健康の維持及び増進に役立つという、食品の機能が表示されています。
トクホには必ず上記のマークが記載されています。

②栄養機能食品 ビタミンやミネラルなどの1日に必要な栄養成分が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。
すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現で機能を表示することができます。

③機能性表示食品
事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能を表示した食品です。
販売前に、安全性や機能の根拠に関する情報が消費者庁長官に届出されたものです。

安心安全マーク


安心安全マーク
NPO法人日本サプリメント評議会が定める評価基準をクリアした製品に付与されるマークです。
安全性を担保するために必要な諸手続きを怠ることなく、消費者が安心して手に取ることのできる商品開発に努力を惜しまないメーカーと、安心安全なサプリメントを求める消費者が出会える目印となります。
メーカーは評議会指定の毒性試験・衛生試験・栄養成分分析データなどを提出し、審査をクリアした製品だけに付与されるマークです。

<違法品への注意>

注意が必要なのは、故意に薬の成分を添加した製品、つまり、無承認無許可医薬品です。
食品の域を超えて、薬の成分が含まれるため、添加された薬の含有量や種類によっては、重大な健康被害をおこす可能性があります。
過去には、中国製ダイエット食品を服用した人たちから、健康被害事例 100 件以上、死亡事例 4 件が報告されました。
海外の輸入品や個人輸入は避けたほうが安全といえます。

厚生労働省のホームページで無承認無許可医薬品の情報がありますので、判断がつかないときはチェックするとよいでしょう。

もちろん、これらの情報だけでなく、自分の体に合っているか、どういうサプリメントなら普段の生活に良い方向で補っていけるか、サプリメントを購入する前は一通り考えてから選びましょう。

ダイエットサプリのメリット・デメリット

ダイエットはその人それぞれが太ってしまった原因によってその方法もさまざまです。
食生活が乱れてしまっていたのであればまず食生活を正し、不規則な生活習慣が原因であれば、まずその生活を健康的に戻していく、など。
生活習慣の乱れを整え、ほどよい運動と適切な食事を心がけ、そこにサプリも合わせることでダイエットの効果が高まります。
サプリは薬ではないので飲んだだけで痩せる、ということではなく、あくまで補助としてとらえることが自然でしょう。

海外のダイエットサプリのメリット・デメリット

海外のダイエットサプリのメリットは、種類が多く、価格が安く、また効果が高いところです。

<メリット>

  1. 種類が多い
  2. 価格が安い
  3. 効果が高い

海外では日本人より肥満率が高く、アメリカの肥満率が31.8%なのに対し、日本は4.5%です。
肥満率の高い国であれば、ダイエットサプリはより需要があり市場の競争も激しくなるでしょう。
市場の競争が激しくなれば、企業はこぞってこのマーケットに参入するので、おのずとダイエットサプリの種類は多くなります。
また、よりシェアを獲得するため、企業は価格を下げ、効果が出るものを提供するようになります。

また、社会的な問題も一因であると考えられます。
例えば、肥満率の高いアメリカは社会保障が充実していないため、医療費が驚くほど高いのです。
そのため、アメリカ人は病気になる前の予防に関心が高く、アメリカのサプリメントは食品にとどまらず薬に近い効果を求められるわけです。

そのため、市場に出回るダイエットサプリの種類も多くなり、価格も引き下げられ、効果という結果を求められる商品を追及する、ということになるのです。

但し、その効果を追い求めてしまうところが逆に商品の安全性に影響したり、副作用などの問題が起こったりする原因にもなりえます。

海外ダイエットサプリを使用することのデメリットも見ていきましょう。
海外のダイエットサプリ使用のデメリットは、その安全性や副作用、また、商品がその国の人種のために製造されている、というところです。

<デメリット>

  1. 安全性
  2. 副作用
  3. 外国人向け商品

たとえばアメリカではcGMP(current Good Manufacturing Practice)といって、食品医薬品局(FDA – Food and Drug Administration)が定めた食品品質の基準によって国内流通の食品、医薬品について厳しく管理されています。

日本のGMPは義務ではなく、あくまで製造メーカーの自主的な取り組みなのに対して、アメリカのcGMPは製造メーカーの義務となるため、法的な品質管理は日本より厳しいといえます。

但し、アメリカのダイエットサプリに含まれる成分はすべて日本でも問題がないということではありません。
日本の厚生労働省が定めたサプリメントの成分の基準を超える成分を含む場合は、日本では医薬品という扱いになる可能性があります。

その場合、都道府県で輸入販売についての許可と医薬品としての承認が必要になります。
このプロセスを通り正規に日本で販売されているのであれば、日本での安全の基準を満たしていることになりますが、海外のダイエットサプリを個人で輸入する場合、日本の法律では認可のない成分が含まれている場合があるため、問題が起こった場合は自己責任となります。
海外のサプリメントの成分の基準は日本でいう医薬品に当たるものもあり、日本で販売されいているサプリメントより成分は強いと考えてよいでしょう。

日本認可のないタイ、中国製のダイエットサプリを日本人が服用し、死亡に至ったケースもあるくらいなので、個人輸入で海外のダイエットサプリを購入することはおすすめできませんが、最低限、その商品の安全性や副作用などを考慮した成分等の確認ができる知識が必要です。

また、たとえばアメリカを例にすると、日本人とアメリカ人では体のサイズ、体質、食生活、生活習慣などが異なるため、アメリカ人向けに製造されたサプリメントがすべて日本人に効果的だとはいえません。

日本のダイエットサプリのメリット・デメリット

日本のダイエットサプリのメリットはやはり国内生産されているという安心と日本人向けに製造されているという点です。

<メリット>

  1. 製品の安全性の高さ
  2. 安心要素
  3. 日本人向けに製造されている

但し、日本のダイエットサプリがすべて安全かというと、そうだとは言えません。
原料、製造、出荷にいたる全ての過程においての製品の安全と品質が保証される基準のGMP(Good Manufacturing Practice)は、サプリメント製造メーカーへの義務化はされていないからです。

日本のサプリメント製造メーカーでGMPや国から認められた基準を満たしているものを選べば、厳しい基準を通過している商品なので、安心です。
また、日本のサプリメントにはGMPが義務化されていないにも関わらず、自らその認可を取得しているということは、品質に自信があるということも言えますし、何より企業姿勢として信頼が持てるので、何か不安な点があってもカスタマーセンターなど相談できる製造元が多いといえます。

国内のサプリメントを選ぶときは誇大広告に踊らされることなく、製造元の確認や以下のマークや表記がある商品を選ぶと安心でしょう。

認定健康食品(JHFA)
特定保健用食品
栄養機能食品 マーク無し
機能性表示食品 マーク無し
安心安全マーク

国内で製造されたダイエットサプリのデメリットとして、国内で製造されたサプリの価格は海外のものと比較すると高価と感じるかもしれません。また、日本人はアメリカや海外とは異なる食文化、体のサイズ、体質をしているため、海外のダイエットサプリがその国の人たちに効果を発揮するように日本人にも効果的かどうかというのは一概には言えません。
場合によっては逆効果になる可能性もあります。
その場合、国産で日本人向けに製造されたサプリメントはこのような問題は最初に考慮されていると考えてよいでしょう。

また、効果も海外のものと比較すると緩やかと感じる場合があるかもしれません。
そして、国内で製造された商品と言っても原料、製造、出荷に関する安全の基準を満たすGMPは義務化されていないことから、流通している国内製造のダイエットサプリがすべて安全とは限らない、という面です。

<デメリット>

  1. 海外のダイエットサプリより比較的高価
  2. 緩やかな効果
  3. GMPの非義務化

海外、特にアメリカでは高額医療費を避けるため、病気の予防が活発でサプリメントの市場は大きく、高い肥満度からもダイエットサプリは人気の商品です。
そのため、価格も低く効果も医薬品レベルの成分を使用しています。 そうなると、日本は海外のダイエットサプリと比較すると、価格は高めであり、効果も緩やかに感じるかもしれません。
日本ではサプリメントは食品として扱われています。
食品として体に良いものであればあるほど成分や原料などは純度の高いものになるため、コストがかかってしまうのも避けられません。

また、サプリメントへのGMPは義務化されていないため、自主的に取り組む製造メーカーや機能性食品など、消費者の見る目や知識も必要となってきます。

ダイエットサプリの口コミ

海外と日本のダイエットサプリの成分の違いは分かるけど、実際どんな商品があって試した人たちはどうだったのか、注目されている商品とその口コミを調べてみました。

海外のダイエットサプリでネットで調べると、リポドリン、ゼニカルという商品の名前をよく目にします。
但し、これらの商品はAmazonなどの一般の通信販売のサイトでは販売していないため、個人輸入業者を経由しての購入となります。

それぞれどのような商品なのでしょうか。

リポドリン
リポドリンに含まれるエフェドラという成分が作用し、食欲を抑制し空腹感を軽減したり、体温上昇と発汗作用や脂肪燃焼をサポートするダイエットサプリです。
〇〇週間で、〇〇キロ痩せた、と効果があったことを示す口コミもありますが、あまり変わらなかった、という口コミもあります。

副作用としては動悸、頭痛、胃のむかつき、吐き気、血圧上昇などがあるようで、万人がこのサプリを飲めるわけではなく、18歳未満、妊娠中や授乳中、有効成分にアレルギーがある、2週間以内に外科手術を受ける予定がある、併用を禁止されている薬を服用中(MAO阻害剤・アスピリン・エフェドリン・プソイドエフェドリン・非ステロイド剤・抗うつ剤)などの人は飲むことができません。

また、リポドリンに含まれているエフェドラの副作用や類似する成分のエフェドリンについては副作用の注意が必要です。
厚生労働省からもエフェドリンを扱う商品について注意喚起がされています。

厚生労働省:医薬品成分(エフェドリン等)が検出された製品について

https://twitter.com/kaiwarechandayo/status/1105690270794801152

https://twitter.com/_ssp3/status/1065132524744011776

ゼニカル
ゼニカルの主成分であるオルリスタットが、食事に含まれる脂質の分解をする消化酵素のリパーゼ酵素の働きを阻害する効果があり、身体に吸収される脂質の量が約30%もカットされ、吸収されなかった脂質は便と一緒に排出される、という仕組みです。

副作用としてはま下痢のような症状がみられること、また、ゼニカルで脂肪の吸収をブロックするため、脂肪に含まれるビタミンA・D・E・Kが不足すしてしまいます。 つまり必要な栄養素まで流れてしまう、ということになります。

また、ゼニカルに含まれるオルリスタットという成分による肝障害も確認されているようです。 @コスメの口コミを見ていきましょう。

知人から教えてもらい数回分を分けてもらいました。 年末の飲み会が多かった時に、飲む前に服用したのですがクチコミにあるようなひどい!?症状はなく、私の場合は穏やかに作用したようでした。

まず、飲んだ次の日にトイレに行くと便器の中に油が溜まります。ビジュアル的にはちょっと引きますが、確かに食べ過ぎても飲み過ぎても体重の増加なし! いつもだと食べて飲んだ翌日には1キロくらい体重が増えていたのですが、これを飲むと体重はキープして後はトイレの中に排出される感じでした。

特に副作用も感じられなかったので、並行輸入で購入し年末の飲み会があるごとに飲み続けていたのですが、何だか無理やり吸収を阻害しているような感覚になってきたので今はやめてしまっています。。
やはり食べ過ぎず、たとえ食べ過ぎても運動などで正しく消費するのが正攻法かなと思ったのでどうしようもなく必要になったらまた飲もうと思います。

知人に一錠譲ってもらったのがきっかけでこの薬を知りました。
飲んで2、3日はなんの変化もなく、??といった感じでしたが、突然油が出るようになって最初はかなり驚きました。

目に見えて油が出るので現品購入。 1日2、3錠と説明がありましたが、焼肉などの油っこい食事の前に1錠飲むようにしてます。
先週1週間毎日焼肉、串揚げ、ステーキなどの食事が続き、体重計に乗るのが怖かったのですがほとんど増えていませんでした。

ただ、出る油の量ははんぱじゃなかったです…
痩せるというよりは太りにくくなるみたいです。
大量に油が出るぶん、一緒に吸収されるはずのビタミンが流れてしまい肌の乾燥がひどく化粧をすると荒れているのがかなり目立ちました。
なので今はマルチビタミンと一緒に摂取しています。
一緒に飲むようになってからは肌荒れも起こらなくなったのでこれからもお世話になると思います。

どちらにしても日本で未認可のものであれば、自己責任ということを念頭に使用する必要があります。

ダイエットサプリのおすすめのランキング

では、日本で認可されたダイエットサプリにはどのようなものがあるでしょうか。

日本では機能性表示食品というものがあり、これは事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能を表示した食品です。
販売前に、安全性や機能の根拠に関する情報が消費者庁長官に届出されたものなので、機能という面での効果、また安全性が明らかになった商品です。

安全性と効果を見込めるおすすめの機能性表示食品のダイエットサプリにはどんなものがるか見ていきましょう。

シボヘール
5
価格¥3,218
メーカーハーブ健康本舗
シボヘール

安心の日本製&GMP(医薬品製造レベルの製造・品質管理基準)認定の機能性表示食品なので安心に摂ることができて、効果も期待できます。

葛の花由来イソフラボンには3つの働きがあります。

・脂肪合成の抑制をサポート
燃焼しきれず余ったエネルギーは、肝臓で中性脂肪に合成され、体脂肪として蓄積されてしまいます。
葛の花由来イソフラボンは、この中性脂肪の合成を抑制する働きがあるので、体脂肪になることを防いでくれます。

・脂肪の燃焼分解をサポート
蓄積された体脂肪は、エネルギーとして燃焼させるために脂肪酸へ分解する必要があります。
葛の花由来イソフラボンはこの分解する働きをサポートします。

・脂肪の燃焼をサポート
褐色脂肪細胞が分解されて脂肪酸になった体脂肪を燃焼する役割を持っています。
葛の花由来イソフラボンは、この褐色脂肪細胞の働きをサポートします。 1日約90円とリーズナブルで、Webキャンペーンで購入すると初回980円とお得です。
解約はいつでも可能で安心してお試しいただけます。

メタバリアS
メタバリアS
4
価格¥4,935
メーカー富士フィルム

糖の吸収を抑えることと腸内環境を整えるの2つの機能性を持つ機能性表示食品は日本初!

このサラシア由来のサラシノールは、食事から摂取した糖の吸収を抑える役割があります。
また、サラシノールの働きで小腸で吸収されなかった糖が大腸のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。
糖の摂取が多い人、腸がスッキリしない人におすすめのダイエットサプリです。

今なら7日分(500円)が無料となり、14日分トライアルパックで500円(税抜)&送料無料で試せます。
体質に合うか、飲み心地はどうか、試してから検討できるのはポイントです。
定期購入で購入する場合、約30日分(240粒)4,935円(1日164.5円分)で購入できます。

大人のカロリミット
大人のカロリミット
4
価格¥3,218
メーカーファンケル

臨床試験済&機能性表示食品認定・3つの機能!

大人のカロリミットは機能性表示食認定のダイエットサプリです。
3つの機能で、代謝をアップし、糖や脂肪の吸収を抑える働きをします。

  • 日常活動時の脂肪を代謝する
  • 食事の糖の吸収を抑える
  • 食事の脂肪の吸収を抑える

大人になると基礎代謝がどうしても落ちてきてしまいます。
太ってしまう原因に代謝の低下が気になる大人の方や糖・脂肪の摂りすぎという方におすすめです。

ダイエットは続けることが大切。
シボヘールを実感するためには3か月の継続使用を製造元はおすすめしています。
今なら初回特別価格で1ヶ月分120粒が通常価格3,218円を、980円&送料無料で購入できます。
1日93円の計算になり、通常価格から2,238円もお得な価格です。

4
LAKUBI(ラクビ)
LAKUBI(ラクビ)
3
価格¥3,800
メーカー悠悠館

500万袋も飲まれている人気ダイエットサプリ!GMPに準拠した工場で作られています。

HvO World Awardも受賞しています。
これは、世界各国から選りすぐられた製品やサービスの優れた機能と品質に対し、その栄誉を称えるために創設されたものです。 また、医師が支持する腸内フローラダイエットサプリで1位になりました。

こだわり1
腸内フローラに作用して体の中から健康をサポートする短鎖脂肪酸。
能力が高い生きた酪酸菌1,700万個を含み生きたまま腸に届き、体の内側からサポート。

こだわり2
善玉菌にアプローチするオリゴ糖。
善玉菌のエサとなるオリゴ糖は、より短鎖脂肪酸の生産を高めるサポートをしてくれます。

こだわり3
体内フローラをサポートする植物性キトサン&ビフィズス菌B-3。
植物性キトサンは黒麹由来のスッキリ成分で体内フローラのサポートをしてくれます。
ビフィズス菌B-3は、森永乳業が40年かけて数千種類の中から選び抜いた特許取得済みのサポート成分。
これは動物性由来ではなく人間由来のビフィズス菌です。

今なら初回特別価格で通常価格3,800円を、500円&送料無料で購入できます。
さらに2回目の購入からも27%OFFで続けることができます。
1日17円の計算になるので継続もできます。

5
まあるい旬酵素
まあるい旬酵素
3
価格¥3,980
メーカー悠悠館

完全無添加、保存料・着色料不使用!徹底した品質管理のもと、GMP認定工場で一貫生産されている安全で本格派の酵素です。

ぽっこりおなかやついつい食べ過ぎてしまうなど偏った食生活。 そんな人におすすめのダイエットサプリです。

  • 310種類の果実・野菜を発行熟成
  • 乳酸菌22種類が2粒に100億個
  • 「温・活・燃」の働きに良いといわれる3種類の和漢で内側からメラメラ燃える働きをサポート
  • お子様、妊娠中、授乳中の方にも安心な完全無添加・保存料着色料不使用
  • カプセル不要で余計な添加物を使用しない丸剤製法

利用者の満足度も92%と高く、愛用者の声も多く寄せられています。

たった2週間で旦那から褒められました! オススメ度★★★★★ こんなにスッキリなのは久しぶりです!主人から「何かしたの?」って聞かれちゃいました♪しかも、飲み始めてまだ2週間です。こんなに違うなんで、びっくりしました! 有馬様 女性 30代

今なら初回特別価格で1ヶ月分 通常価格3,980円を、907円&送料無料で購入できます。
さらに2回目の購入からも25%OFFで続けることができます。

まとめ

日本と海外のダイエットサプリの特徴としては、価格、効果、安全性での比較になるといえるでしょう。

海外のダイエットサプリの特徴

<メリット>

  • 種類が多い
  • 価格が安い
  • 効果が高い

<デメリット>

  • 安全性(個人輸入)
  • 副作用
  • 外国人の体質向けに製造されている

日本のダイエットサプリの特徴

<メリット>

  • 製品の安全性の高さ
  • 安心要素
  • 日本人向けに製造されている

<デメリット>

  • 海外のダイエットサプリより比較的高価
  • 緩やかな効果
  • GMPの非義務化

海外のダイエットサプリは肥満率が高い、医療費が高いなど社会的な理由もあり、サプリメント業界の競争が激しく、価格も安く、種類も多く、日本では医薬品にあたる成分が使われているケースもあるため効果も高い。 但し、外国人向けの成分や量が日本人の体質に合っているか、という点や、日本で許可されていない成分を含んだ海外のダイエットサプリの服用で死亡例も出ているため、注意が必要です。

日本のダイエットサプリは、日本人の体質向けに製造されたものが多く、機能性表示食認定などを利用すると、効果も安全性も一緒に得られます。

但し、日本ではサプリメントは医薬品ではなく食品として扱われているため、あくまで日常生活の習慣にプラスでサポートするもの、という位置づけです。
また、商品の安全基準であるGMPは義務ではないので、機能性表示食認定やGMP認定のサプリなどを選ぶと安心です。

シェアをお願いします。

Pocket

未分類 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。